最高残高にこだわるな

投稿者:

10万円を100万円にできました。
その後負けて、50万円になりました。

仮にこうなったとき、どうしますかね?
こういうときに、5倍にできた、40万プラスになったって素直に喜べる人は正直いないと思うんですよ。
「あ~、100万になったときに辞めていれば……」って後悔するだろうね。
それで十中八九、50万を100万に戻すために奮闘すると思う。

仮にそれでうまく戻せたとしても、そういうことしてる人はまた同じことを繰り返すだろうね。
100万を200万にできました、その後150万になりました、200万でやめときゃよかった戻したい取り戻そう……ってね。

で、ゼロになるまでやるという。

それ聞いたら当事者じゃない人は「なんであそこでやめなかったのかな、馬鹿だなあ」っていうものだけど、それはギャンブルやったことない人の典型的な思考だね。

それは、死人の考えや。

そもそも「ここが辞め時」なんてものは、過ぎ去った後からわかる結果論だからね。リアルタイムでやってたら最適な引き際なんて誰もわからない。やればやるほど勝てるってときもあるし。やる以上は上を目指すべきだし、目標とは高く持つもんだ。後出しで「あそこでやめとけばよかったのに~」なんて理想論を掲げる資格は当人以外にはないのだ。

それで、話を戻すけど、そもそも10万を100万にするような賭け方してる人って、裏を返せば100万あっても10万になるリスクのあるやり方をしているんだよね。

つまり、大きく勝てるやり方はそれと同時に大きく負ける可能性を含んでるってこと。

軍資金を10倍にできたなら、その後半分になったとか全部すったなんてことが起きても別に全然珍しいことじゃない。
起こり得る事象が起きただけの話。

まあ、そんな極端じゃないにしろ、似たようなことはあると思う。1.5倍になったけどその後利益一部なくなったとか。

問題はそれが起きたときに、どういう行動を取るかなんだけれども……

「最高残高にこだわらないで、自分の決めたルール通りにやり続ける」

これに尽きる。
結局、損を取り戻そうとするときって冷静じゃないんですよ。
こういうとき軍資金の何%賭けるとか、何%以上は賭けないとか、こういう条件を満たした試合のみ賭けるとか、各々独自のルールを決めてやってるとは思うんけど、冷静じゃないときってそれを破ってしまうことが多いんだよね。

ギャンブルってただ勘だけでやるのと戦略を持ってやるのとではやっぱ全然違うんだわ。冷静さを失って運と勘だけでやるのはそのときだけの短期的にはどうにかなることもあるけど、ギャンブルを続けていくなら基本的にやめた方がいい。

ルールを守ってやるっていうのは大事。ルール守って負けるなら仕方ない。負けるなら修正していけばいいだけの話なので。

とはいっても、ルールの設定や修正は難しいことなんだよね。若い人ほど早く結果を求めたがるものだけれど、こればかりはそう簡単にはいかないので長い目でみる必要がある。

というのも、ルールってそれが正しいか間違ってるか簡単には判断できないのがギャンブルの難しさのひとつだから。

例えばキャッチボールするとき、投げたボールが相手の頭上を越えてしまったら次投げるときは前より下の方に弱く投げようとしますよね。
で、そしたら相手の足元に落ちてしまった。なら次はもう少し上に強く投げますよね。
一般的な物事って、そうやって最適解を探していくと思うんですよ。

しかしギャンブルみたいなのは、失敗しても実はそれが間違いとは限らないんですよね。確率が絡んでくるので。何が正解なのかなかなかわからない。一見正解に見えることが実はもっと長い目で見ると間違いってこともある。信頼していたデータが実は全く的外れな指標だったってこともある。しかもそれになかなか気づけないようになってる。

その中で本物のルールを見つけて、その上でそれを守り続けることが勝利への唯一の方法だと思う。

そのためにも、まずは最高残高にこだわらないマインドを手に入れられるように努力した方がいい。コツは慣れることかな、負けて終わるってことに。最高残高からやや減ったくらいで辞めることを繰り返してたら、そのうちなんとも思わなくなりますよ。余裕資金でやってることが前提だけど。

ちなみに頭良くてプライドが高い人ほど、負けを認めるってことができないから、損したら取り戻したくなる傾向にある。負けたら増額する。すぐに回収したいもんだから、もうすぐ試合開始時間ってのを探したり、ライブ中のやつに無理やり賭けてしまう。

しかし負けてる時ほど冷静になってほしいんですよ。ほんとに負けなのかって。

ぶっちゃけ、ゼロにさえならなければまだ負けではないと思うよ。大きく負けて続けられなくなり退場ってのが一番避けるべきことで、生きてさえいればいずれやってくるチャンスをつかめることもあるかもしれない。それで逆転ってことも起こり得る。なのにチャンスが来た時に、金がありませんので指をくわえてみてることしかできませんってのは悲しいもんですよ。

負けてる時ほど、これ以上傷口を広げる行為はしないよういつも通りやることを心掛けましょう。

……といっても簡単じゃないけどね。俺もできてないし(笑)

ブログランキング参加中です
参考になった!という方は↓のバナーをポチッとお願いします
にほんブログ村 小遣いブログ ブックメーカースポーツブックへ